聞き上手を目指せというのは本当なのか?

よくコミュニケーションの秘訣は、聴き手役の方が重要だという事を習います。

「話し上手より聞き上手を目指せ」と言われるほど、聴き手役は重要なのです。

あなたは聞き上手ですか?それとも話し上手ですか?

私はどちらかというと話すよりは、聴き手に回る事の方が多い気がします。

コミュニケーションは良い聴き手役がいる事によって成立すると言われます。

それはなるほどと思います。言ってる事はわかります。でも

このコミュニケーションの講習を聞くたびに私はいつもこう思うのです。

聞き上手と聞き上手の組み合わせになったらどうしたらいいんですか?

その答えを残念ながら講師の方は教えてくれないので、自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

聞き上手を目指すべきなのか

講習会では聞き上手を目指す事を強く言われます。以前仕事で毎月1回、管理者の講習というものがあり、セミナーに参加していたのですが、テーマがコミュニケーションの場合は必ずといっていいほどこの聞き上手を目指せと言われます。会話の主導権を握るのは聞き上手なのだと。

誰とでも会話が弾み好印象を与える聞く技術 相手の話を自然と引き出す「聞き上手」になる (サイエンス・アイ新書)
Amazonで山本 昭生, 福田 健の誰とでも会話が弾み好印象を与える聞く技術 相手の話を自然と引き出す「聞き上手」になる (サイエンス・アイ新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。山本 昭生, 福田 健作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また誰とでも会話が弾み好印象を与える聞く技術 相手の話を自然と引き出続きは→

本当にそうでしょうか?

聞き上手=無口=つまらない奴

このイメージの方がどうしても強い気がしませんか?

相手の話を気持ちよく聞いてくれる人がいる事は確かです。

でも世の中は聞き上手より、話上手の方が得をしている事が多くないですか?

話上手は

  • 自分の情報を沢山伝えることが出来る
  • 明るい、盛り上げる事が出来る
  • 相手を退屈させない
  • 話が上手なので、意見が通りやすい

デメリットは、うざすぎると嫌われる事です。ダメージはでかいです。

聞き上手はどうかというと

  • 興味もない話を聞かなければならない
  • 愛想笑いも必要
  • 何で喋らないの?と言われる
  • 愚痴を言い続けられる

メリットは、話を聞いてくれるので感謝される。自己犠牲愛

 

圧倒的に話上手を目指した方が、いいと思いませんか?

うざすぎると嫌われてしまいますが、そこさえ気をつけておけば大丈夫な訳ですし

聞き上手になれという意味がわからない。

聞き上手と聞き上手が会話をしたらどうなる?

冒頭にもいいましたが、私は聞き上手な部類に入ると思います。こうやって文を書くのは得意ですが話すのはそんなに好きではありません。人の話をしっかりと聞くかと言われれば聞いてないですね。聞き上手じゃなくて聴き手に回るというのが正解ですね。

 

じゃあ聞き上手と聞き上手が会話をしたらどうなるんでしょう?

こんにちは

こんにちは

・・・

・・・

 

さあ話を聞くよ。早くしゃべってくれないと・・

話をしてくれるのを待ってるのに・・

こんな状態が続く訳ですよ。みんなが聞き上手を目指したらこうなる可能性があるのです。

だからみんながみんな聞き上手を目指すというのはどうなのかなーと思う訳なんですよ。

まとめ

今回は私が疑問に思っていた事を自分なりに解決してみました。

講習をする先生の言っている事は間違ってはいないでしょう。

でも正解かどうかはわかりません。それは自分の体験などから、自分で探すものだと思います。

自分が話上手であるならば、少し取り入れる事によって、更に良いコミュニケーションがとれると思います。逆に、聞き上手なら、さらに聞き上手を目指すのもいいですし、話上手を目指せばいいと思います。

結局は自分がどうしたいか、どうなりたいかだけです。私は聞き上手よりも話上手の方がメリットが大きいと考えるので、聞き上手を目指す事はしません。

講師の人がこう言っていたから実行する事よりも、自分でしっかりと考えて行動する事が大切なのです。

弱い犬ほどよく吠えるっていうが、何もしないよりマシなんだぜ

尾崎豊
面白いように「話し上手」になれる本: 言い方一つでこんなに変わる! (知的生きかた文庫)
Amazonで櫻井 弘の面白いように「話し上手」になれる本: 言い方一つでこんなに変わる! (知的生きかた文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。櫻井 弘作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また面白いように「話し上手」になれる本: 言い方一つでこんなに変わる! (知的生きかた文庫)もアマゾン配送商品なら通常続きは→

独り言
スポンサーリンク
スポンサーリンク
山国LIFE

コメント