メモ帳を持ち歩きたくない人へ、LINEをメモ帳にする方法

Blue Ball-point Pen Next to Notepad

SHOWROOM」を立ち上げた前田裕二さん のメモの魔力という

タイトルだけ見てメモ帳を買ってみました。本は読んでません。

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)
Amazonで前田 裕二のメモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)。アマゾンならポイント還元本が多数。前田 裕二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またメモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)もアマゾン配送商品なら通常配送無料         続きを読む→

今は人と話すときはメモをとってもいいみたいです。

むしろ、自分の話をしっかり聞いているとみられ

喜ばれるのだそう。

時代は変化を続けてますね。

私が入社した時は、人の話は目を見て聞かんか!と怒られてました。

そして最後に俺が今言った事をもう一回言ってみろ!

こう言われて、ちゃんと聞いていたか確かめられるのです。

そんな時、メモをとらしてくれよーと思っていましたが

今はメモをとっていいみたいです。いい時代になりました。

じゃあいざメモをとるかと言ったら、とりません。

どうやら私はメモをとらない派でした。

なぜメモをとらないかといえば、

私にあうメモ帳がなかったのです。

Person Carrying Bag Walking on Pedestrian Lane

私はカバンを持ちません。

ポケットの中に財布、スマホ、煙草

これ以外を持って出かける事はほぼありません。

大学ですら、えんぴつ3本だけを輪ゴムでまとめて行ってたくらいなので

基本、手に何か持つ事がきらいなのです。

両手に何か持ってたら、いざという時に家族を守れませんから(*´▽`*)

(ほんとは、嫁の荷物を両手で持たないといけないから)

そんな理由で、カバンを持つ事がないので

最初からメモ帳を持つ気がないのです。

小さいメモ帳はポケットに入れてもいいけど書きにくいし

大きいメモ帳を手に持って歩くのはちょっとポリシーに反します。

なのでメモ帳は持ち歩けません。

でも本当は、本当はメモをとりたいのです。

メモを一生懸命とってる人は、単純に凄いと思います。

きっとブログを書くのにも役に立つと思いますし

何気ない事に気付く力も養えると思います。

なので、私はメモをとるには、スマホに頼るしかありませんでした。

スマホのアプリでメモ帳を利用しています。

ドコモの携帯に最初からあるあの超シンプルなメモ帳です。

色んなメモ帳を使いましたが

これがシンプルで一番使いやすいです。

ただメモをとろうとして始めてアプリを開くので

少し手間がかかります。


名称未設定


そこで考えた方法が

LINEをメモ帳にする方法です。

携帯で良く使う機能は、携帯の一番下に

留めておけるじゃないですか?

(この表現で伝わるか不安です。)

でもメモ帳をあそこに持っていくのは

なんかもったいないですよね。

LINEなら恐らくほとんどの人が、下におろしていると思いますので

(下におろすという表現で大丈夫かな)

アプリを探す手間が省けて時間短縮になります。

LINEをメモ帳にする方法

超簡単です!

①LINEのアプリを開く

②グループを新規作成する

③友達を選択せず「次へ」をおす

④グループ名をメモ帳にする

⑤作成をおす

⑥トーク画面から作成したグループのところを長押をしてピン留めをする



たったこれだけで、LINEがメモ帳になります

画像付きで説明するまでもありません。

(決して手を抜いたわけではありません)

作成時間は1分もあればできます。

写真メモにも活用できるのもいいところです。

使っていてほんと便利です。LINEをする感覚でメモをするだけです。

メモが途中までしか書けてなくても送信すれば保存できますので

メモの題名をつけたり、余計な作業は一切いりません。

自分さえわかればいいのですから

なんだかんだで最強のメモ帳だと思います。

是非活用してみてくださいね(*´▽`*)

こちらを押してくれると僕が喜びます(^^♪
独り言
スポンサーリンク
YAMAKUNILIFE