お家時間 ピザを作ろう

コロナウイルスの影響で、お家時間が増えていますね。

SNSなどで色んなお家時間を見る事ができます。

そこで我が家のお家時間を紹介します。

嫁がどうしてもピザが食べたいというので

ピザを焼きました。

これが我が家手作りのピザ窯です。

火のおこし方

熟練な方なら簡単かもしれませんが、火を起こすのは結構難しいのです。

ちゃちゃっと火を起こせたらかっこいいので、頑張って下さい。

まずは新聞紙をくしゃくしゃにして窯の中へ

その上に薪を重ねていきます。が、

交互に重ねるようにして、隙間を空ける!これが重要です。

燃焼に必要な3つの要素は可燃物、酸素供給体、点火源です。

薪が積みあがったら新聞紙に着火!

最初は一気に火が起こりますが、ただ新聞紙が燃えているだけなので

火が消えかけたら、うちわで一生懸命あおぎます!

そうすると薪がうっすら赤くなってたら、更にあおいで薪から火が出れば

成功です。あおいでも薪が赤くならなければ失敗です。再度やりなおしましょう

火の扱いには十分注意して下さい!

着火剤を使えば超簡単

着火剤を使えば誰でも簡単に火を起こせます。

しかしそれでいいのか?本当にいいのか?

という心の声が聞こえてきます。

その声に打ち勝つ事が出来れば、着火剤はものすごく便利なので使ってみて下さい。

火がおきになったのでピザを焼いていきます

火がおきになるっていう表現わかりますか?

使ってるのは田舎だけかもしれませんが

こういう状態の事をおきになるって言っています。

もうすぐ消えてしまいますよという頃です。

この状態になったらピザを入れます。

ピザピールの代用はこれでOK

値段見てちょっとビックリ。なので我が家はこれ

これが何かわかりますか?田舎では必需品です。

刈払機の刃です。めっちゃオシャレ

そして焼き上がりがこちら

いい感じ

それでは色んな工夫をしてお家時間をお楽しみください(^^)/