「予告」お笑い江戸曲芸 米ちゃんがやってくる

2019年9月22日の日曜日にコアやまくにでイベントが行われます。

その名も「日曜日だよ全員集合」

僕が名前を考えたのですが、ネーミングセンスの無さにビックリです。

何かかっこいいイベントのタイトルがあれば教えて欲しいです。

 

そして今回のゲストは

「お笑い江戸曲芸 米ちゃん」

???????

誰でしょう?

私も知らないのでちょっと調べてみました。

米ちゃんとは何者なのか?

「お笑い江戸曲芸米ちゃん」の画像検索結果

この方が米(よね)ちゃんです。

米村 矢一(よねむら やいち、1969年9月1日 – )九州で活動している俳優殺陣師曲芸師・パフォーマー。本名は米里 隆弘(よねざと たかひろ)。佐賀県西松浦郡出身。九州忍者保存協会・博多支部「博多忍塾」所属。

米と書いてよねと読みます。米といえば山国のお米は有名です。

天皇陛下への皇室献上米としても有名なので、米と聞けば良いイメージしかありません。

1990年佐賀県嬉野市の忍者村テーマパーク肥前夢街道に入社、7年間演技や芝居・殺陣の経験を積み、その間新国劇の流れを汲む「劇団若獅子」に指導を仰ぐ。その後1997年に博多忍塾として独立、拠点を福岡へ移し殺陣師として活動。その他「お笑い江戸曲芸・米ちゃん」「ピエロパフォーマンス・サンド」や、他団体やテレビ・映画の客演をこなす。

殺陣師としてはかなり凄い経歴を持ってます。

朝丘雪路さんの公演に参加したり、映画「BALLAD 名もなき恋のうた」にも参加しています。林家きくおさんとも同じステージに立ってます。想像以上に凄い人です。

米ちゃんて誰??といってた自分が恥ずかしいです。

そんなお笑い江戸曲芸米ちゃんがコアやまくにへ来てくれます。

2019年9月22日の日曜日 12時30分頃より

 

米ちゃんより一言

「おめでとうございます!」と言えばまさにこの芸!和傘の上で「鞠」や「鉄の輪」

さらに「四角い升」まで回してしまうテレビではお馴染みの芸をはじめ、危険な「皿回し」

など滅多に見る事のできない古き良き伝統芸!福を呼ぶ笑顔とお喋りで、楽しくお祭り気分

を盛り上げます。米ちゃんのお笑い江戸曲芸に乞うご期待下さい。

 

 

ちょっとビニール傘でやってみたんです。回せるかどうか?

やっぱり無理でしたね。不可能です。すぐ諦めてしましました。

ちなみに私は諦めが悪い方です。でもこれは諦めるのが正解。

しかも四角い升を回すと言っています。次元がそもそも違うのです。

更に危険な皿回しですよ。皿回しは良く見かけますが、危険な皿回しとは

どういうことなのか気になります。

割れ物だから危険なのでは??

 

まさか米ちゃんが割れ物だから危険なんて、そんな表現はしないと思います。

危険な皿回し、気になります。

 

そんな素晴らしい経歴の米ちゃんが、コアやまくにへ来てくれます。

料金はなんと300円!300円ですよ。

しかもそれだけではないんです。

いなりと、おはぎとお茶がついて300円なんです。

 

こんな素晴らしい事は、日本全国探してもコアやまくにだけです。

やまくにに生まれて良かったですね。

もちろん町内の方だけではなく、町外の方も同じお値段です。

 

この機会を是非逃さないように。周りの人にも教えて頂きたいと思います。

 

日時 2019年 9月22日 日曜日

場所 コアやまくに プレイルーム

時間 11時頃より

料金 300円(いなり、おはぎ、お茶付き)

 

沢山の方のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

こちらを押してくれると僕が喜びます(^^♪
田舎暮らし
スポンサーリンク
YAMAKUNILIFE