伝統芸能 神楽を極める これはこれからモテるんじゃないか?

皆さん、神楽って知ってますか?

そうあの田舎の祭りの神社で、鬼が舞っているやつです。

このような舞を見たことがないですか?

御囃子というリズムに合わせて、鬼と神主が戦いながら舞います。

昔から神楽を見てきた私ですが

田舎に帰ってきた事もあり、神楽を習うようになりました。

なぜ神楽を習うようになったか訳を話しますと

まず、この写真は・・親父ですね。

そう、この地域の神楽の代表は私の親父です。

なので、あんたは神楽せんのかい?

(せんのかい?というのは、やらないのかい?という意味です)

やたらとこう言われるので、始める事になりました。

俺はダンスがやりたい

ダンスが出来るのと神楽が舞えるのはどっちがモテると思いますか?

そりゃダンスでしょう?

私も必死にムーンウォークを練習しました。

あゆむパパ
あゆむパパ

どう?出来てる?

 

あゆむママ
あゆむママ

出来てない

 

あゆむパパ
あゆむパパ

どう?出来てる?

あゆむママ
あゆむママ

全然出来てない

頑張って練習したのに、結果後ろに歩いてるだけという

技しか身に付きませんでした。

やっぱり、かっこいい音楽に合わせて、

キレッキレにダンスが出来た方がモテるはずなのでは?

気になったのでここで検証してみます。

神楽とダンスはどっちがモテるのか?

あゆむママ
あゆむママ

いやいやそんな検証しなくていいでしょ別に

罰が当たっても知らないからね。

あゆむパパ
あゆむパパ

確かに・・なんか怒られそうだからやめておこう

では、テーマを変えまして

神楽の魅力について紹介したいと思います。

そもそも神楽とは何だ?

そもそも神楽とは一体なんなんでしょう?

あゆむママ
あゆむママ

いきなり難しいテーマを持ってきたけど大丈夫?あんたまだ、神楽について初心者じゃん!

いきなり痛いとこをつかれましたが、大丈夫です。

 

読んで字の如く「神様が楽しむ」ことだよね。

神様=お客様なので、お客様が楽しむのが神楽なんです。

あゆむママ
あゆむママ

ファイナルアンサー?

あゆむパパ
あゆむパパ

ファイナルアンサー!

あゆむママ
あゆむママ

ざんねーん

 

 

神社祭礼などで見受けられ、まれに寺院でも行われる。平安中期に様式が完成したとされ、約90首の神楽歌が存在する[1]。神楽は、神社に「神楽殿」がある場合、そこで行われる事が多い。
一般に、「かぐら」の語源は「神座」(かむくら・かみくら)が転じたとされる。神座は「神の宿るところ」「招魂・鎮魂を行う場所」を意味し、神座に神々を降ろし、巫女が人々の穢れを祓ったり、神懸かりして人々と交流するなど神人一体の宴の場であり、そこでの歌舞が神楽と呼ばれるようになったとされる。古事記日本書紀岩戸隠れの段でアメノウズメが神懸りして舞った舞いが神楽の起源とされる。アメノウズメの子孫とされる猿女君が宮中で鎮魂の儀に関わるため、本来神楽は招魂・鎮魂・魂振に伴う神遊びだったとも考えられる。
神楽は、宮中の御神楽(みかぐら)と、民間の里神楽(さとかぐら)に分けられる。また幾つかの神社では、近代に作られた神楽も行われている。

Wikipedia
あゆむパパ
あゆむパパ

難しすぎて全くわかんねー

あゆむママ
あゆむママ

神楽は 神座に神様を迎え、その前で行われる鎮魂・五穀豊穣・厄災の払拭、豊作への御礼のための歌舞 の事と覚えとけば、とりあえずOK

難しい話はこれくらいにして

地方在住の皆さん!神楽やりませんか?

今結構危機的な状況なんです。

消えてゆく伝統芸能を守るために

神楽の歴史は古く、もう何百年、何千年と舞われてきました。

しかしここにきて、消滅の危機に瀕しているのです。

これは、神楽だけではないのですが、色んな事が地域から無くなろうとしています。

すでに無くなったものもあります。


少子高齢化によって、本来受け継がれるべきことが、受け継がれなくなってしまったからです。

でも、そうなる事はもうずっと前からわかってた事なので

今は子供神楽をやっているとこが多いみたいです。

伝統芸能が受け継がれていく事は非常に良い事なのですが

ひとつ子供たちに聞きたい!

この町に残ってくれますか?

残ってくれたら嬉しいけど、自分のやりたい事にチャレンジしてね。

ということで、移住してきた方や、Uターンしてきた方

是非神楽をやりましょう。

神楽を始めてわかったこと これはモテる!

見てると簡単そうに見えるのですが

思ったよりも難しいです。センスがないのかな?

面を被ると全く見えません。

鼻の穴から下を覗きこむようにして見るのですが

鬼は下を向いたらダメなようです。

顔はあげて目だけ下を向くという感じです。

初めて舞台に出たときに、初めて面をつけたので

右も左もわからなくなり、ダメダメでした。

しかし、上手い人が舞うと

めっちゃカッコイイのです。

ダンスとはまた違うなんとも言えない「間」が

たまらなくカッコイイのです。

早くあの領域になりたいと思います。

是非神楽をやってみて下さい。

これは間違いなくこれからモテます!

ダンスをやってる人は世界中にたくさんいますが

神楽をやってる人は少ないです。これは大チャンスです。

大スターになれる可能性を秘めています!

人前に出るのなんて無理と思ってる人も大丈夫です。

面を被るので誰かわかりませんから。

まるで変身したヒーローみたいでしょ?

正体は誰にも見せてはいけないみたいな

もし、今暮らしているところで神楽をやっているところがあるのなら

是非チャレンジしてみて下さい。

コメント