田舎で集客するのは本当に難しい

田舎でフェスをやる事にして,まさに今計画段階中です。

企画自体を実行するのは簡単なのですが、

問題は集客です!田舎に人を集めるのは想像以上に大変です。

主なSNS集客ツールが使えない

facebook、 Twitter 、 Instagram これらのツールを使って宣伝をしていない企業は

ないといっても過言ではありません。それくらい効果の高いものなのですが

田舎では、全く通用しませんでした。

ある程度のノウハウであったり、知識や、経験を持っていたので、田舎でも大丈夫だろうと

考えていましたが、滅多打ちにされてしまいました。

以前イベントをした時は、キャパ300人の会場に50人しか集める事が出来なかったのです。

その時は、定期的にSNSにて情報を発信していました。知り合いにも拡散してもらって

数字だけ見れば、多くの人の目にとまっていたのです。なので、少し安心してしまっていました。でも地元の人には全く伝わっていなかったのです。

田舎を甘く見過ぎていました。ここまで反応がないとは思っていませんでした。

高齢者の割合が多くSNSをやってる人はほとんどいません。携帯すら持っていなかったのです。

チラシやポスターの作成

SNSを使えないとなると、頼るのは、チラシやポスターです。

チラシやポスターのデザインや、印刷を行うのは、費用がかかります。

簡単なチラシやポスターを作成するなら「ラベルマイティ17プレミアム」がおすすめです。

ジャストシステム ラベルマイティ17 プレミアム 通常版
Amazon.co.jp: ジャストシステム ラベルマイティ17 プレミアム 通常版: ソフトウェア

チラシやポスターの8割はこれで自分で作成しています。テンプレートも豊富で、使い方も簡単です。これひとつあればほぼ何でも作れると思います。

チラシやポスターを印刷するなら「プリントパック」

印刷のことなら【印刷通販プリントパック】≪ユーザー数No.1≫
ネット印刷なら業界最大手の印刷通販プリントパック。印刷ユーザーダントツNo.1!ネットで簡単・激安価格で印刷発注。全国11拠点の自社工場から印刷出荷、注文前の自動データチェック&返品保証は業界唯一の安心。CMでもおなじみ、今なら1000pt 進呈中

とにかく低コストで印刷したいならここを選べば間違いないと思います。

チラシやポスターの作成と配布について

作成

興味を引かないチラシやポスターは、ゴミと同じです。ゴミを配られても困るだけです。

ゴミを生まない為にも、チラシを作る基本はおさえておきたいものです。

私もデザインを練りに練って作成していましたが、興味を引いてはもらえませんでした。

その原因は

  • デザインに凝りすぎて、何が伝えたいのかわからない
  • ターゲットが明確に出来ていない
  • メリットが伝えられていない

考えれば考えるほど、欠点が見つかりました。チラシを作成したら必ず誰かに意見を聞きましょう。自意識過剰は失敗のもとです。

人がチラシを見て、必要か不要かを判断する時間は0.5秒と言われています。

何時間もかけて作成したチラシが0.5秒でゴミになる可能性があるのです。

そうならない為にも、価値のあるチラシにしなければなりません。

価値のあるチラシとは

  • 伝えたい事が明確にわかる
  • ターゲットを明確にする
  • メリットを伝える

さっきと全く逆の事を行う必要があります。

色んなチラシの作り方を学んで、効果的に案内をしたいものです。

配布

町内全世帯に行きわたるようにチラシを配布しました。その結果、2割の集客しか出来なかった事があります。イベントに来なかった人に来なかった理由を聞いてみたのですが

どれも返答は同じでした。「そんなチラシ見てないよ、イベントあることも知らなかった」

というのです。これには本当に困りました。もうお手上げ状態になった事もあります。


もう、1人1人に手渡しでチラシを渡すしかないと考えました。300人のキャパなので会場が小さいなら、もうこの行動に移すのが一番手っ取り早いと思います。

他に何かいい方法があれば教えて頂きたいです。

子供を主役にして、集客しよう

田舎で1番集客できるイベントがこれです。子供を主役にすることです。

まず、親が見に来ます。ついでにおじいちゃん、おばあちゃんも見に来ます。

子供1人につき5人くらいの家族が見に来るので、これは意外と楽に集客できます。


しかし、少子高齢化の過疎地、子供の数が少ないので、難しい場合もありますが

子供を主役としたイベントや、子供の参加型のイベントはターゲットがしぼりやすく

案内がしやすいので、取組みやすいイベントです。

まとめ

田舎の集客は想像以上に難しいです。普通の常識の範囲内でやろうとしてもまず無理です。

田舎で集客を行う時は、楽をしてはいけません。ツールに頼らず、地道に1人づつ伝えていくのが一番効果があります。

むしろこれしかないと今は感じております。それくらい打ちのめされた経験がありますので

同じ失敗をしないように、今度のフェスは成功させてみせます。

田舎でフェスをしよう!田舎初の取り組みに挑戦!
田舎は何もない!本当に何もない!山と川しかない!それはそれでもいいけれど、僕たちまだまだ20代!(俺は36歳)おらこんな村嫌だぁ東京に行ってフェス行くだーやばい、田舎の若者がみんな出て行ってしまうどうしよう?どうすればいいんだー?先輩!いいこと言いますね。面白き ことも無き世を 面白く先輩!これですね         続きを読む→

 

 

 

 

こちらを押してくれると僕が喜びます(^^♪
移住について
スポンサーリンク
YAMAKUNILIFE